ウーマン

発展途上国の不動産が話題!海外不動産の賢い買い方

賃貸経営のリスクに備える

婦人

保証でリスクを回避

長期安定した賃貸マンション経営を考えているなら、欠かせないのが家賃保証です。賃貸マンションの経営は、部屋を借りてくれる借主がいるからこそ成り立ちます。借主がいないと家賃が入らなくなるので、賃貸経営が成り立たなくなります。そうした空き室リスクに備えて、家賃保証制度があると安心です。具体的な方法としては、サブリース会社にマンションを一括で借り上げしてもらう「一括借り上げ」があります。一括借り上げをすることで、家賃をベースにその一定割合が保証されます。一般的な賃貸経営では、賃貸マンションの大家さんと借主が賃貸借契約を結びます。しかし、サブリースをするとサブリース会社と借主が賃貸借契約をすることになります。

沢山ある保証契約

サブリースは賃貸経営すべてを外部に委託することで、家賃保証を得るシステムです。賃貸経営すべてを丸投げしなくても、一部だけ委託する方法もあります。空き室リスクだけ回避したいなら、「空き室保証」があります。空き室保証は保証会社と契約を結び、家賃収入が一定以下に下がった場合のみ、家賃保証をしてもらえる方法です。保証料が必要ですが、家賃収入がゼロになるリスクはなくなります。「滞納保証」というのもあります。これは借主が家賃を滞納した場合に適用される保険です。これも保証料が必要ですが、借主が家賃を支払ってくれないリスクに備えることが出来ます。自分の賃貸マンション経営の腕に不安があるなら、そういう保証に頼るのも一つの選択です。